根拠の無い「大丈夫」


根拠の無い「大丈夫」は割と言ってしまう事も有るのです。 入試を控えている生徒を指導していて、その生徒が真面目に勉強に取り組んでいるものの、と言うよりは真面目に取り組んでいるからこそ、 いまいち成績が伸び悩んでいる時などは、やはりついつい「大丈夫!」、「出来るから安心して」などと声を掛けてしまいます。


でも、コレは意外にも避けた方が良いのです。何故ならば、やはり子供は大人が思っているより「賢い」のです。 一所懸命、取り組んでいればいる生徒ほど講師の「大丈夫」の意図を汲むのです。「講師もひょっとしたら不安なのかな?」などと却って不安を与えてしまう事も有るのです。 では、どうしたら良いか?答えは簡単です。根拠の“ある”声掛けをしてあげれば良いのです。


入試の前などであれば、さまざまなデータが揃っていますし、何よりも学習塾は他の講師陣とのチームプレイでもあるので、他の講師に話を聞いてもらうのも良いでしょう。 そして、慣れてくると自らの「経験則」という心強い味方がついてきます。 「この時期でこの出来具合いなら心配ない」という予測が立つようになるので、具体的に「〇〇で〇〇だから大丈夫!!」というアドバイスが可能になります。是非、この点に注意して指導してみてはどうでしょう。


リンク集

こんな発言はNG?塾講師についてのリンク集はこちら

サイトマップ

このサイトのサイトマップはこちら